スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<第2次補正予算案>成立へ 鳩山首相、守りで“逃げ切り”(毎日新聞)

 09年度第2次補正予算案は25日に衆院を通過し、28日に成立する見通しとなった。これまでの審議では、鳩山由紀夫首相は守りに終始したが、野党側の追及不足もあり逃げ切った格好だ。ただ、与党側は補正予算審議と引き換えに2月中の集中審議や党首討論の開催を約束。野党側は「政治とカネ」の問題をさらに追及する構えで、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件の展開次第では、首相が厳しい立場に立たされることも予想される。

 ◇政治とカネ

 首相は自らの偽装献金問題について(1)母親からの資金提供は知らなかった。贈与税を免れようとの意識はなかった(2)検察の捜査で違法性がないことは確認された--との答弁を繰り返した。野党から「国民の常識では信じられない」と追及されても、「なかなか理解はされないかもしれないが、真実は一つ」などとかわした。

 21日の予算委員会では、自民党の谷垣禎一総裁が「(資金提供を)首相が承知していると証明できたら首相をやめますね」と追及、首相の「当然、バッジを付けている資格はない」との答弁を引き出したが、追及はそこまでだった。

 一方、小沢氏を巡る事件では、首相は国会の外で「どうぞ戦ってください」「(小沢氏の元秘書で逮捕された石川知裕議員が)起訴されないことを望む」などの発言を連発、釈明や撤回に追われ自ら墓穴を掘った。

 2月4日には、石川議員の拘置期限を迎え、起訴は不可避とみられている。また、小沢氏本人への事情聴取を踏まえ捜査が進展する可能性もあり、首相にとっては先行き不透明なまま10年度予算案審議を迎えることになりそうだ。

 ◇緊急経済対策

 景気の「二番底」が懸念され、国民的な関心も高い景気対策。野党の自民、公明両党の批判は、自公政権がまとめた第1次補正予算の一部を鳩山政権が執行停止したことに集中し、議論は深まりを欠いた。

 「経済対策の空白ができた」。公明党の井上義久幹事長は予算凍結で景気に悪影響を与えたと批判した。自民党の茂木敏充幹事長代理は「(2次補正は)1次補正のコピーだ」と述べ、1次補正で凍結した項目が2次補正で復活している点を指摘し不要な凍結だったと主張した。

 これに対し、菅直人副総理兼財務相は「項目が一緒でも中身は全然違う」と反論。「一時凍結したからマイナスと言うが、中身を変えないと本格的な改革ができない」などと取り合わなかった。

 ただ、「政治とカネ」に多くの時間が割かれたこともあり、緊急経済対策の具体的な中身についての議論は未消化のままに終わった。【野原大輔】

【関連ニュース】
第2次補正予算案:衆院本会議で与党3党などの賛成で可決
毎日新聞調査:主要119社中、半数強が景気は「足踏み」
自民党:税調が政府批判 経済政策で攻勢
政府見通し:成長率は「1%台前半」 10年度
自民幹事長:補正予算2.7兆円の執行停止を批判

「争点について…失礼しました」被害者多く順番を間違える検察官(産経新聞)
個人宅に投票箱配送=衆院選前に預ける-「長年の慣習」と選管・和歌山市(時事通信)
「負けに不思議の負けなし」=ノムさん、自民党大会で辛口分析(時事通信)
<奈良県議会>東大寺大仏殿で議会 12月に 23年ぶり(毎日新聞)
衆院予算委 首相、議員生命懸ける 「戦う野党」自民不発(毎日新聞)
スポンサーサイト

常連客らと次々交際、うそ重ね金無心…上田容疑者(読売新聞)

 鳥取県内で男性らが相次いで不審死した事件は28日、鳥取市の元スナックホステス、上田美由紀容疑者(36)による強盗殺人事件に発展した。

 周囲からは、世話好きで、話し上手と言われる上田容疑者。一方で、出所不明の薬剤を大量に持ち歩く姿が目撃され、複数の男性に近づいては、うそを重ねて金を引き出していたという。県警は「生活のために人をだましてきた実態があった」とみている。

 「うるさいぐらいおしゃべりな子」「クラスメートが喜びそうな物をプレゼントしては、相手の気を引こうとしていた」。同県中部の小、中学校時代の同級生らは、上田容疑者の印象を振り返る。一方で、上田容疑者自身は、小学6年の文集に「趣味 あばれること」「性格 たんき(すぐもんくをいう)」と書くなど、違った側面もみせていた。

 上田容疑者は中学卒業後、地元のストッキング製造工場などで働いた後、自衛官と結婚。夫婦で一時、大阪で暮らしたが離婚し、子どもを連れて帰郷した。鳥取市内の繁華街でホステス勤めを始めたのは2000年頃。常連客らと次々と交際するようになり、この5年間では、少なくとも10人と付き合っていたという。

 「ぽっちゃり型で、愛嬌(あいきょう)のあるホステス」。05年から約2年間勤めたスナックでは最も若く、人気があった。女性経営者は「もてるタイプではなかったが、甘え上手で、男性の気を引くのがうまかった」と言う。

 客によく酒をおごり、自分の生い立ち話をする。だが、関心を寄せてくる男性と交際が始まると、たびたび金を無心した。「県外の病院に入院した」「お金がなくて母子寮に入った」。元交際相手の男性(66)は「いろんな理由で金を要求され、300万円以上を渡した。みんなうそだった」。

 周りには「大阪で看護師をしていた」と言っていた。県警が調べたところ、これも事実ではなかった。

 大量の薬剤をアパート自室などに所持、不審死した男性の遺体から検出されたのと同じ成分の睡眠導入剤はポーチに入れて持ち歩いていたという。知人の中には体調の悪い時に「これ飲んだら」と薬を渡され、気を失ったり、病院に搬送されたりした人が複数いる。

 一方で気性の激しい面もあり、上田容疑者方で同居していた警備会社員の男性(07年に27歳で死亡)の親族によると、上田容疑者は男性に家賃を要求し、男性をフライパンでたたいたり、熱湯をかけたりしたこともあったという。

遺留物から無職男DNA型=Tシャツ血痕、荻野さんと一致-千葉大生殺害放火事件(時事通信)
「高度専門看護師」の創設を提案―看護大協議会が声明(医療介護CBニュース)
名実逆転のデフレ続く=10年度経済見通しを閣議決定(時事通信)
強盗殺人容疑で59歳男逮捕=東京・南青山の男性殺害-警視庁(時事通信)
捜査進展、支持率急落…民主に高まる悲観論(読売新聞)

<窃盗>見張り役は小5、38歳父親を起訴 神戸(毎日新聞)

 小学5年の長男(11)を見張り役にし、ゴルフ場で事務所荒らしを繰り返していたなどとして、兵庫県警捜査3課などが大阪府豊中市の無職男(38)を逮捕し、神戸地検伊丹支部が窃盗罪などで起訴していたことが26日分かった。同課によると男は大阪、兵庫両府県で自動販売機荒らしなど約100件の窃盗をしていたとみられるといい、裏付けを進めている。

 起訴状などによると男は▽09年10月1日、神戸市北区のゴルフ場の管理事務所に侵入、クラブが入ったゴルフバッグなど6点(12万5000円相当)や現金9万円を盗んだ▽同9月8日、兵庫県西宮市のゴルフ場でガソリン35リットルを盗んだ--など、9~10月に計7件の盗みなどをした。このうち5件で、長男とともに盗みに及んでいたという。長男は補導された。

 男は10月、西宮市内で自販機荒らしをしようとしたところを警察官に発見され、現行犯逮捕された。【村上正】

【関連ニュース】
常磐自動車道:自転車など投げ込む 中学生を検挙、補導
HP掲載:補導少年49人の実名など誤って 愛媛県警
大麻所持容疑:中2少女ら逮捕・補導 兵庫県警
道交法違反:常磐道に自転車と消火器を投下 容疑で中学3人、検挙・補導
神戸・大麻所持:「無職少年からもらった」 逮捕の中学生供述

社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証-足利事件再審公判(時事通信)
「身の潔白」早く説明を 首相が小沢氏に望む(産経新聞)
小沢氏、特捜部との“直接対決”終了 ホテルで記者会見へ(産経新聞)
普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)

首相動静(1月18日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時52分、公邸発。「国会がスタートするが意気込みを」に「国民の皆さんの命を守る政治を何としても行いたい」。同56分、官邸着。同57分、執務室へ。
 午前9時、執務室を出て、同1分、閣僚応接室へ。同2分、閣議室に移り臨時閣議開始。
 午前9時20分、臨時閣議終了。同26分、閣議室を出て執務室へ。
 午前11時35分、執務室を出て、同37分、官邸発。同38分、国会着。同40分、衆院第14控室へ。同41分から同54分まで、民主党代議士会に出席し、あいさつ。同59分、同室を出て、午後0時、衆院本会議場へ。同3分、衆院本会議開会。
 午後0時7分、衆院本会議休憩。同8分、同本会議場を出て、同10分、国会発。同11分、官邸着。同13分、執務室へ。
 午後0時37分、執務室を出て、同39分、官邸発。同41分、国会着。同42分、院内大臣室へ。
 午後0時49分、院内大臣室を出て、同50分、参院本会議場へ。
 午後1時から同7分まで、第174通常国会開会式。同10分、同本会議場を出て、同13分、国会発。同15分、官邸着。同16分、執務室へ。同23分、同室を出て首相会議室へ。
 午後1時49分、首相会議室を出て、同51分、官邸発。同52分、国会着。同54分、衆院議長応接室へ。同56分から同57分まで、岡田克也外相。同2時、同室を出て衆院本会議場へ。同3分、衆院本会議再開。
 午後2時12分、衆院本会議散会。同13分、同本会議場を出て、同14分、院内大臣室へ。
 午後2時27分、院内大臣室を出て、同28分、参院本会議場へ。同31分、参院本会議再開。
 午後2時40分、参院本会議散会。同41分、同本会議場を出て、同42分、国会発。同44分、官邸着。同45分、執務室へ。
 午後2時58分から同3時40分まで、簗瀬進参院予算委員長。
 午後5時、執務室を出て特別応接室へ。同1分から同31分まで、ドミニク・ストロスカーン国際通貨基金(IMF)専務理事が表敬。松野頼久官房副長官、玉木林太郎財務官ら同席。同32分、同室を出て大会議室へ。同33分、政府・民主党首脳会議開始。
 午後6時13分、政府・民主党首脳会議終了。同14分、大会議室を出て執務室へ。同15分から同25分まで、輿石東民主党参院議員会長。
 午後6時38分、執務室を出て小ホールへ。同39分から同46分まで、報道各社のインタビュー。「小沢幹事長は事情聴取に応じるべきと考えるか」に「必要に応じてご自身が判断をされて説明をされることを望む」。同47分、小ホールを出て、同48分、官邸発。
 午後6時59分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」着。同ホテル内の宴会場「ボールルーム」でバンクーバー冬季五輪日本代表選手団壮行会に出席し、あいさつ。同7時44分、同ホテル発。同55分、公邸着。
 19日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

【足利再審】菅家さん、机を蹴り怒り表す場面も(産経新聞)
<木曽川導水路>名古屋市、負担金支払いへ 建設費用含まず(毎日新聞)
火災 桑田真澄さんの父が死亡 浜松で住宅全焼(毎日新聞)
<鶴屋南北戯曲賞>小幡欣治さん作「神戸北ホテル」に(毎日新聞)
ベッド付近燃え81歳重体 大阪の市営住宅(産経新聞)

<菅財務相>沖縄返還密約文章 財務省へ調査の徹底を指示(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は19日の会見で、沖縄返還交渉に絡む「日米密約」の関連文書について「後になって『やはりあった』ということがないよう、しっかり調べるよう強く言った」と述べ、財務省に調査の徹底を指示したことを明らかにした。

 密約は、沖縄返還に伴う米軍基地の移転費用について、日本政府の財政負担を確認する内容。69年に大蔵省(当時)と米財務省の担当者が交わしたとされる。菅氏は厚相時代の96年、薬害エイズ問題の新資料を厚生省内で発見した経緯を踏まえ「役所には古い書類はだいたい残っているというのが私の過去の経験だ」と述べた。

 密約文書について藤井裕久前財務相は「保存期間を過ぎており、保存していないと思う」と述べていた。【坂井隆之】

【関連ニュース】
財務省:月内に改革検討チーム…菅氏「霞が関変える一歩」
菅副総理:財務相就任後も官邸で会見「内閣全体に目配り」
為替:菅氏発言で閣内見解分かれる
藤井財務相辞任:後任は菅副総理 仙谷氏が国家戦略相兼務
菅副総理:「全閣僚で合宿」提案 内閣一体感を演出狙い?

<小沢氏聴取要請>首相「必要に応じ自身で判断を」(毎日新聞)
3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)
「捜査への挑戦」可視化法案で大島氏(産経新聞)
社民・国民新、移設先探しに奔走…自治体は反発(読売新聞)
長野の村井知事“ダンマリ戦術”の理由とは?(産経新聞)

ネットワークは粘菌に学べ 単細胞でも効率的な経路形成(産経新聞)

 脳や神経を持たない単細胞生物の粘菌がつくるネットワークをもとに、人間社会の交通網や情報ネットワークの最適化にもつながる理論モデルを構築することに、手老(てろう)篤史・科学技術振興機構研究員らの研究グループが成功した。22日発行の米科学誌「サイエンス」に発表した。

 研究グループの手老研究員や中垣俊之・北海道大准教授、小林亮・広島大大学院教授らは、「迷路を解く粘菌」の研究で、2008年に「イグ・ノーベル賞」を受賞している。

 実験に使ったのは、「モジホコリ」という真正粘菌。複数のエサを見つけたときに形成する栄養輸送ネットワークに着目し、輸送効率や迂回(うかい)ルートなどの機能を解析した。関東地方に見立てた寒天の主要駅に相当する場所にエサを配置し、粘菌をはわせたところ、JR東海道線など現実の鉄道網を、ほぼ再現するケースもあった。

 実験を重ねてネットワーク形成の“粘菌理論”を導き、コンピューターのシミュレーションで機能を検証した結果、現実の鉄道網よりも効率的で、事故などのリスクにも強いネットワークを見いだすことができたという。手老研究員は「理論の精度を上げ、インフラ整備などに生かせるようにしたい」と話している。

路面電車にはねられ男性死亡=広島(時事通信)
<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
大寒 太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
<雑記帳>ガルシアさんが名古屋市長を表敬(毎日新聞)
「日本は昔の小切手外交に逆戻り」 海自インド洋撤収で英専門家(産経新聞)

「おとうと」がクロージング作品に=ベルリン映画祭(時事通信)

 松竹に19日入った連絡によると、山田洋次監督の新作映画「おとうと」が、第60回ベルリン国際映画祭(2月11~21日)のクロージング作品(非コンペ部門)に決定した。現地時間の2月20日に上映予定。
 同作は吉永小百合さんと笑福亭鶴瓶さん主演で、東京で薬局を営む女性とその奔放な弟の関係を描く人間ドラマ。1月30日に公開予定。 

【関連ニュース】
俳優の柳楽優弥さん結婚
「平和」「希望」のメッセージ世界へ=広島で短編映画祭
「イースタン・プレイ」が最高賞=東京国際映画祭
東京国際映画祭が開幕
リメーク版「サイドウェイズ」上演=菊地凛子さんあいさつ

無登録で未公開株販売=不正1億7千万円か-投資会社元会長ら3人逮捕・愛知県警(時事通信)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け-消費者庁(時事通信)
アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
<災害復興学会>防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)

政治とカネ焦点、緊迫化も=通常国会、18日に召集(時事通信)

 第174通常国会は18日召集される。会期は6月16日までの150日間。政府・与党は厳しい経済情勢を受け、2009年度第2次補正予算案と10年度予算案の早期成立に全力を挙げる。召集直前に小沢一郎民主党幹事長の元秘書、石川知裕衆院議員が政治資金規正法違反容疑で逮捕され、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件と併せ、政治とカネの問題が大きな焦点となる。野党は小沢氏らの国会招致や集中審議を要求する方針で、冒頭から緊迫化しそうだ。
 菅直人副総理兼財務相は17日のNHK番組で、「まず内閣として予算を成立させて、日本経済を立て直すことに全力を挙げる」と強調した。政府・与党は菅財務相の財政演説に対する各党代表質問を19、20の両日に衆参両院本会議で行い、21日から衆院予算委員会で2次補正の審議に入る日程を描いている。2次補正を今月中に、10年度予算案を年度内に成立させ、景気悪化に歯止めを掛けたい考えだ。
 これに対し、自民党の谷垣禎一総裁は同番組で、「首相と幹事長の周辺で次々と逮捕者が出るのは異様な事態だ」と指摘。小沢氏の対応や捜査の進展によっては同氏に対する議員辞職勧告決議案を提出することに含みを残した。
 同党は参考人招致や集中審議の要求が受け入れられない場合、予算委の審議入りに応じない構えだ。ただ、公明、共産両党は審議拒否には慎重で、野党共闘の構築は容易ではない。
 予定される政府提出法案は、子ども手当支給法案や高校授業料無償化のための法案など61本。また、永住外国人に地方参政権を付与する法案も検討しているが、与党内には異論があり、調整が難航する可能性もある。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

首相「聴取受けるかは小沢幹事長の判断」(読売新聞)
「つくる会」藤岡会長の上告棄却(産経新聞)
「公設派遣村」終わる=全入所者が退去-東京(時事通信)
<強盗>男が店員縛り65万円奪う 大阪・DVD販売店(毎日新聞)
自転車死亡事故の主因、民事で一転 両親の執念実る 大阪地裁(産経新聞)

石川議員逮捕 鈴木宗男氏に涙の電話(毎日新聞)

 逮捕された衆院議員の石川知裕容疑者(36)=北海道11区=は15日、東京都内で事情聴取に臨むはずだったが、急きょ中止に。ところが夜になり、都内のホテルから東京地検特捜部の係官に任意同行を求められたという。

【写真特集】石川衆院議員:東京地検が逮捕

 15日昼、石川議員は鈴木宗男衆院議員に泣きながら電話をしてきたという。鈴木氏によると04年10月に5000万円を渡したと証言した水谷建設元幹部との面識を否定。「話を信じてもらえないのがつらい」と語っていた。

 小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)の千葉県鎌ケ谷市内の実家には午後9時過ぎ、東京地検の数人が車2台で乗り付け、中に入った。15分後に現れた池田容疑者は慌ただしく車に乗り込んだ。県議選の候補として名前が取りざたされているが、同居する家人は「地検がいきなり来て混乱している」。

 大久保隆規被告(48)は午後11時38分、岩手県釜石市の実家前で集まった取材に応じた。柔和で落ち着いた表情で「逮捕状にはびっくりした。粛々と対応するだけです。(特捜部が来るのは)朝ではないでしょうか」と話し、実家の向かいの自宅に入った。妻によれば、テレビで逮捕状が出たことを知ったという。【小泉大士、倉田陶子、鬼山親芳】

【関連ニュース】
小沢幹事長:土地購入問題で陳謝 違法性は否定
社説:「陸山会」土地取引 小沢氏に説明求めたい
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず民主戦々恐々
陸山会土地購入:「先生に4億円返す」東京地検がメモ押収

阪急事故で男性はねられ死亡(産経新聞)
公立病院経営の参考事例集を月内にも発行―総務省(医療介護CBニュース)
自民・大島氏、首相と小沢氏の説明要求=「自浄能力問われる」-代表質問始まる(時事通信)
「海賊母船か? 」一時緊迫=上空警戒、P3C飛行公開-ソマリア沖(時事通信)
新型インフル輸入ワクチン、2月中旬にも接種開始(産経新聞)

外国人参政権法案 小沢氏、政府提出に固執(産経新聞)

 永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案がいよいよ本格的に動き出した。後半国会ではこの法案が最大の争点となり、夏の参院選を前に大混乱に陥りかねない。この法案の旗振り役である民主党の小沢一郎幹事長は、なぜ政府提出による早期成立にこだわるのか。

 ◆議員立法を一蹴

 「政府は早く法案提出準備をやるべきだ。党は党でやるから政府は政府でやってほしい。動いていないのは政府の方じゃないか!」

 11日の政府・民主党首脳会議。小沢氏の右隣に座った輿石東参院議員会長が、対面して座る平野博文官房長官をにらみつけながらこう言い放った。

 小沢氏が「日韓関係を考えると外国人参政権は政府でやるべきだ」と水を向けたところ、平野氏が「党の方は大丈夫なんですか」と消極的な姿勢を示したことが癪(しゃく)にさわったのだ。

 輿石氏の剣幕に、鳩山由紀夫首相ら政府側出席者は押し黙り、政府提出法案として今国会への提出は決定づけられた。

 永住外国人への地方参政権付与は小沢氏のかねての持論だ。昨年12月に訪韓した際も「来年の通常国会でそれが現実になるのではないか」と大見得を切った。

 元々、民主党では議員立法を画策する動きがあったが、小沢氏が「政府の姿勢を鮮明にするためにも政府提案が望ましい」と一蹴してしまった。

 なぜ小沢氏は政府提出法案にこだわるのか。

 理由の一つとして、民主党内の足並みの乱れを指摘する声がある。この法案には、党内でも反対・慎重論が少なくない。首相や岡田克也外相ら積極派が過去にも付与推進で取りまとめようとしたが頓挫した。衆院選マニフェスト(政権公約)への記載も見送られ、議員立法ならば反対派議員が本会議採決を欠席したり造反する可能性もある。

 ◆自公分断狙う

 これに対し、政府提出法案は党議拘束がかけられることが通例だ。造反すれば厳しい処分が待ち受けており、閣議決定後は表だって批判することは難しい。しかも批判の矛先が党運営を担う小沢氏に向けられることもない。

 もう一つは、小沢氏が「最終決戦」と位置づける夏の参院選をにらんでの判断だとされる。

 昨夏の衆院選で「在日本大韓民国民団」(民団)は、推進派候補に選挙でポスター張りや法定ビラの証紙張りなどで全面協力した。参政権付与に前向きな公明党を自民党から離反させる手だてにもなりえる。参院選の勝利を確実にするために小沢氏は「やれることは何でもやれ」と周囲にハッパをかけており、参政権付与法案もその一つだというわけだ。

 小沢氏の思惑通りに与党内の調整が進めば、参政権付与法案の提出は平成22年度予算案の成立後の4月になる見通しだ。

 ◆終盤国会大荒れも

 ただ、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が反対を表明している上、自民党は首相や小沢氏をめぐる政治とカネ問題と合わせて地方参政権法案問題も徹底追及する構えを見せる。法案成立をごり押しすれば、終盤国会は大荒れとなり、参院選の行方を大きく左右する可能性もある。

【関連記事】
政府・民主党が外国人参政権法案の通常国会提出を確認 国論二分へ?
問題山積の外国人参政権 憲法違反の疑い、キャスチングボートにも…
小沢氏主導で「外国人参政権」が新たな火ダネに? 
キーワード外さぬ“物言う新聞”
外国人参政権法案 首相「よく考えてみる」

オルゴール 医療にも…進化する癒やしの音色 電動、MIDI対応…新世代へ(産経新聞)
新品種 春と秋に咲くサクラ 理研チーム(毎日新聞)
<訃報>双葉十三郎さん99歳=映画評論家(毎日新聞)
<競馬>JRA最多…9頭落馬、6人が重軽傷 中山競馬場(毎日新聞)
水仙娘が福井の特産品PR(産経新聞)

<三寺まいり>冬の情緒楽しんで…岐阜・飛騨の縁結び行事(毎日新聞)

 岐阜県飛騨市古川町で15日、縁結びの行事として親しまれている「三寺(さんてら)まいり」があり、大勢の観光客が降り積もった雪を踏みしめ、山都の冬の情緒を楽しんだ。

 親鸞聖人の遺徳をしのび、町内3カ寺を巡拝する行事。明治、大正期には信州への糸引き奉公から帰った娘たちが勤行に加わり、「嫁を見立ての三寺まいり……」と小唄にもうたわれた。近年は縁結びのイベントとして定着している。

 門前の通りは高さ2メートル、直径1メートルの巨大な雪像ロウソクの淡い明かりに照らされ、観光スポットの瀬戸川沿いの千本ロウソク前では、和服姿の若い女性らが神妙な表情で「願掛け」する姿が見られた。【奈良正臣】

【関連ニュース】
<写真特集>日本の祭り
<写真特集>日本の世界遺産
詩と絵でつづる天職一芸:和ろうそく職人 飛騨古川、恋のあかり細々と
氷と灯りの祭典:飛騨・世界生活文化センターで始まる

センバツ 行進曲はSuperflyのバラード(毎日新聞)
<元厚生次官宅襲撃>小泉被告に死刑求刑 さいたま地裁公判(毎日新聞)
酔ってイライラ新成人、会場の窓ガラス割る(読売新聞)
<癒やしロボ>介護に活躍 呼び掛けに反応、お年寄り笑顔(毎日新聞)
「反省の日々でした」 メッセ黒田さん、拘置中の心境告白(産経新聞)

小沢問題で首相「問題あっても国民は民主を選んだ」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる疑惑に関し、「国民の皆さんは『またか』という思いを感じていると思う」とした上で、「私自身の問題もあったが、総選挙の前から出ていた話であり、こういう問題があるにもかかわらず、民主党を国民の皆さんの多くが選んだ。その責任を果たす」と語った。昨年8月の衆院選での同党圧勝で、自らと小沢氏の政治資金問題を正当化したとも受け止められる発言だ。首相公邸前で記者団に答えた。

 首相は、小沢氏の説明責任について「国民の皆さんは説明責任が果たされていないと思われると思う。ただ、検察の捜査中であり、本人が言えることには限界がある」と述べ、小沢氏の立場に理解を示した。

【関連記事】
ひたすら「適正処理」 言い逃れ繰り返す小沢氏
囲碁に興じる小沢…特捜部ついにキレた「バカヤロー!」
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」
石川議員、事務所に宿泊?…実は報道陣逃れ深夜に脱出 
石川議員から3回目の聴取 特捜部、陸山会土地疑惑で

小沢氏の影響強化?政府・党首脳会議、週1回に(読売新聞)
<センター試験>インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ(毎日新聞)
裁判員裁判2年目「公判ラッシュ」 東北(河北新報)
不審死男性への詐欺容疑=女を再逮捕へ-埼玉県警(時事通信)
小沢幹事長に「辞職しろ」、若い男詰め寄り拘束(読売新聞)

<成績情報>USB保存防止システム導入へ 都立学校(毎日新聞)

 東京都教育庁は、すべての都立学校(約270校)に4月から導入する情報共有システムに、生徒の成績情報のUSBメモリーへの保存を防止する方式を取り入れることを決めた。USB紛失事故が絶えないことから、教育現場で最大の注意が求められる成績情報の管理について、USBの使用に関する歯止めをハード面からかけることにした。

 都教育庁は、職場で使うための公費パソコンを全教員に割り当てる「1人1台体制」を計画している。すでに配備済みの校長、副校長らを除く教員用約1万3800台の配備を3月末に終える予定だ。情報共有システムは1人1台体制に合わせて導入。教員用ポータルサイトやデータベース、掲示板などを開設し、教員の利便を図る。

 成績情報は専用のサーバーで管理し、4月に運用を開始。自分の学校に在籍する児童・生徒のものに限り情報閲覧を可能にするほか、成績情報の追加や更新を、教員がパソコンからサーバーに接続して行えるようにする。一方でUSBやパソコンのハードディスクに情報が保存されることを防ぐシステムを取り入れ、サーバーだけでの一元的保存を徹底させる。

 都立学校でのUSB紛失は、07年度に5校で発生したのを機に都教育庁が対応に乗り出した。これまでに、私物のUSB使用禁止や研修でのセキュリティー指導、管理状態をチェックする学校訪問などを実施している。しかし紛失事故はなくならず08年度は4校、09年度も12月までに5校で発生。背景には、数少ない職場のパソコンを多くの教員が共有するため、記録媒体が欠かせないという現状もある。USBを自宅に持ち帰り紛失するケースもあった。

 都教育庁は、成績情報を含まない文書についても登録済みのUSBでしか保存できないようにする方針。保存されたデータを暗号化し、職場以外のパソコンでの使用や閲覧を防止するのが狙い。担当者は「生徒の個人情報を守ることが第一だが、紛失事故から教員を守るための取り組みでもある。1人1台体制で、USBなしでの仕事も以前ほど困難ではなくなるはずだ」と話している。

 都内の市区町村立小中学校は、都教育庁のシステムの情報共有の対象になっていない。【鮎川耕史】

【関連ニュース】
<相次ぐ紛失>個人情報:またUSB紛失 都立2学校、生徒記録 使用禁止の私物
ガンブラー:新種ウイルス、被害急増 改ざんHP閲覧、有害サイトに誘導
システム運用管理、負担が増加する一方で情報漏えいへの不安も大きく
経済観測:ミリ秒と情報漏えい=東京大教授・伊藤隆敏
NEC、日立など、複数の組織間で共有する情報の漏えい対策技術を共同開発

助産師のまたーりぶろぐ
釣り侍
即日現金化
現金化
クレジットカード現金化
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。