スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記帳 豚料理ナンバーワン…前橋で「T-1グランプリ」(毎日新聞)

 「上州麦豚(むぎぶた)」など銘柄豚の産地として知られる前橋市で28日、豚料理ナンバーワンを決める「第1回T-1グランプリ」の発表があった。参加57店のトップに輝いたのは「そば処大村総社」が出品した「おそば屋さんのソースカツ丼」。

 はしでほぐれるほど柔らかい上州豚のヒレ肉を使用。わき水で米を炊き、甘辛いそばつゆベースのたれをかけたジューシーな逸品だ。値段は870円。

 実行委事務局の同市によると、中心商店街は約2割が空き店舗。「TONTONのまち前橋」をキャッチフレーズに活性化を図っており、グランプリを機に街おこしもトントン拍子となるか。【奥山はるな】

警察庁長官銃撃事件が時効=実行役特定できず-「被疑者不詳」書類送検へ・警視庁(時事通信)
日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
「新人仕分け人」案、1日で幻に=首相要請に党側が難色(時事通信)
普天間 民主・喜納氏「県内なら総辞職を」 首相なお県外に意欲(産経新聞)
<火災>事業所が全焼、焼け跡から遺体 2人負傷 埼玉(毎日新聞)

<参院三重選挙区>自民県連、小野崎氏を擁立(毎日新聞)

 自民党三重県連は20日、次期参院選の三重選挙区(改選数1)に、元シンクタンク職員、小野崎耕平氏(40)を党公認で擁立することを決めた。07年参院選で県連の公募に応じて三重選挙区で立候補して落選しており、2度目の挑戦となる。

 小野崎氏は同日、津市で記者会見し「現政権が政治主導の名の下に圧政、暴走を続けると日本は滅ぶ。民主党が参議院の過半数を占めるのを止めないといけない」と主張した。

 小野崎氏は同県桑名市出身。法政大卒業後、米国ハーバード大公衆衛生大学院で医療政策などを研究した。

 三重選挙区には、民主現職の芝博一氏(59)と共産新人の中野武史氏(35)らが立候補を表明している。【岡大介】

公明・神崎元代表引退へ=衆院任期前に、坂口元厚労相も(時事通信)
押尾学、接見弁護人に弱音 ファンの差し入れ「支え」(産経新聞)
教え子暴行元教諭、改めて懲役30年=「長期に繰り返し悪質」-広島高裁(時事通信)
“国境の島”は外国人参政権付与に反対 与那国町、壱岐市など(産経新聞)
足利事件再審 警察庁刑事局長「厳粛に受け止める」(産経新聞)

「若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏(読売新聞)

 自民党の与謝野馨・元財務相は、都内の事務所で読売新聞のインタビューに応じた。

 当面は党にとどまって谷垣総裁をはじめとする執行部刷新と若手起用を求める考えを示す一方、新党結成も選択肢として引き続き検討していることを明らかにした。

 与謝野氏は「参院選では、民主党に過半数を取らせないことが絶対の命題だ。若手を党首(総裁)や幹事長にすれば勝てる」と述べた。

 自民党の政権奪還については、英国や豪州などでの政権交代例を踏まえ、党首の若返り、政府・与党に対する徹底した追及、新たな価値観の提示などが必要だと強調。「若い人を育てる仕事を一生懸命やりたい」と述べ、当面は党にとどまる意向を示した。

 一方で、与謝野氏は「新党を作れば、結構人気が出るのではないか。『自民党』という名前がもうすり切れている」と述べた。新党結成に踏み切るかどうかは「一瞬のタイミングだ」と語った。

 若手などが執行部に要求している「次の内閣」については、「やっても仕方がない」と否定的な認識を示した。国会審議については、林芳正・参院政策審議会長や後藤田正純・財務金融部会長ら中堅・若手を政府追及の前面に立たせるよう求めた。

<北教組事件>小林議員処分へ 鳩山首相(毎日新聞)
<自民党>鳩山邦夫氏の離党届を受理…処分は見送り(毎日新聞)
ヘラクレスオオカブトなど盗む=108匹、自称会社員逮捕-埼玉県警(時事通信)
<覚せい剤>ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで(毎日新聞)
<冷却ジェルパッド>女性2人がアレルギー性接触皮膚炎に(毎日新聞)

可視化法案見送り 今国会 参院選後に時期協議(産経新聞)

 法務省は17日、犯罪取り調べの全課程を録画・録音する刑事訴訟法改正案(可視化法案)について、今国会への提出を見送る方針を民主党に伝えた。7月の参院選後、改めて国会提出時期などに関する協議を行うという。

 取り調べ可視化は、昨年夏の民主党の衆院選マニフェスト(政権公約)に冤罪防止のためとして明記された。一方、自民党などに反対・慎重論が根強く、国会に提出すれば、後半国会の争点の一つになる可能性があった。

 民主党では、小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件で、元秘書の石川知裕衆院議員らが逮捕・起訴されたこともあり、輿石東参院議員会長や高嶋良充参院幹事長らを中心に法案の今国会提出を求める意見が根強かった。

 先月23日には、党の「取り調べの全面可視化を実現する議員連盟」(川内博史代表)が政府に対し、今国会への法案提出を求めていく方針を確認した。

 ただ、先月4日に小沢氏が不起訴処分となった時点で下火となった。ある議連メンバーは産経新聞の取材に「起訴されなかったから、もうやる意味はない。そもそも(可視化を嫌がる)検察に圧力をかけるのが狙いだった」と打ち明けていた。

【関連記事】
「小沢不起訴」で見えた! 「全面可視化」大合唱のナンセンス
民主党可視化議連で鈴木宗男氏「取り調べの可視化も必要」 
首相、外国人参政権は「法案提出に向けて論点整理」 参院代表質問の答弁で
「捜査への挑戦」可視化法案で大島氏
可視化法案 許されない検察への圧力
20年後、日本はありますか?

<北海道開発局>違法組合活動4119人処分(毎日新聞)
<生体肝移植>同意得ず研究段階の手術行う 東京医科大(毎日新聞)
<狩野探幽>水墨画「雲竜図」の作者と判明 京都・興正寺(毎日新聞)
阿久根市長の議会出席拒否を批判…総務副大臣(読売新聞)
公約作り、週内に始動=首脳会議を定例化-政府・民主(時事通信)

<関西空港>出国エリア改修工事が完成 1.5倍に拡張(毎日新聞)

 関西国際空港で進められていた旅客ターミナルビル3階出国エリアの改修工事が完成し、15日にオープンした。総事業費約40億円をかけ、出国審査を通過した後の免税店などが並ぶエリアの床面積をこれまでの約1.5倍の5500平方メートルに拡張した。

 旅客ターミナルビルの大規模改修は94年の開港以来初めて。

 昨年12月、シャワー、仮眠スペースや土産物店などが先行オープン。今回ブランド品の免税店7店を新設するなど、出国エリアは計41店舗になった。24時間空港にもかかわらず、これまでは深夜便出発の時間帯に営業している施設はまれだったが、リニューアルした店舗の多くは早朝から深夜まで営業する。【酒井雅浩】

【関連ニュース】
ゆるキャラ:香港で関西PR 大阪で結団式
捜査書類漏えい:「事件起こせば辞められる」 大阪税関・関空支署職員が漏らす
貨物機が着陸に失敗し横転、炎上 乗員2人死亡 成田空港
空港物語:/29 機内清掃 /大阪
空港物語:/28 外貨両替所 /大阪

<性的暴行>英会話学校経営の米国人逮捕 女児数十人被害か(毎日新聞)
<子ども手当>6月支給開始へ 高校無償化は4月(毎日新聞)
自殺 住職の妻、歯止めに一役…対策マニュアル作成(毎日新聞)
<普天間>北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明(毎日新聞)
サクラ並木 春の陽気…名古屋で満開(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。